【LINE】姉だけ溺愛する両親「あんたなんてどうでもいい存在」弟が産まれた途端に態度が一変→姉が愛情を取り戻そうとした結果…【スカッとする話】

◎今回のお話
私は莉緒。中学3年生です。両親と5歳上の姉と暮らしていますが、両親は長女であるという理由だけで姉を溺愛し、お姫様のように扱っています。なので、私は親から愛情らしい愛情をもらったことがありません。むしろ、邪魔者だと思われていることに気付くまで、時間はかかりませんでした。親は何事も姉が優先で、私が何か言おうものなら怒られるだけでした。そんな親を見ていた姉が、私をまともに扱うはずもなく、まるで姉の奴隷のようでした。姉が何をしても怒られるのは私、食事に差をつけられるのも持ち物を盗まれるのも当たり前、成長してくると直接的な暴力も振るわれるようになりました。そんな日々が続く中で、私が小学6年生の時に弟が生まれました。両親待望の男の子だったらしく、それはすごい喜びようで、その日から両親の態度は一変しました。私への態度は変わりませんが、なんと男の子が出来たから用済みだとばかりに、あれだけ溺愛していた姉を一切構わなくなったのです。すると姉は、親の愛情を奪った弟を目の敵にするようになったのです。

「気になるLINE話」のチャンネル登録をよろしくお願いします。
http://www.youtube.com/channel/UC1REGEwTFmS9EH9J8AX6-dA?sub_confirmation=1

※当チャンネルに登場する人物の名前は架空のものです。実在の人物などとは関係ありません。
※許可のない2次利用及び転載などは固く禁じております。

BGM :
Youtube Audio Library
OtoLogic(https://otologic.jp)

#LINE #スカッとする話 #修羅場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。